第8回 IAO総会(インターナショナル矯正学会)

「呼吸と睡眠からみた機能矯正の役割と今後の展望」

睡眠呼吸障害は仕事や勉強の能率を低下させるだけではなく、労働災害・交通事故・生活習慣病のリスクを高め、多大な経済的損失につながります。
こどもは、睡眠中に、脳が育ち、成長ホルモンが分泌され、筋肉や骨が成長し、身体の痛んだ組織の修復が行われます。健やかな成長には良い睡眠がかかせません。
現在、睡眠呼吸障害の治療が必要でありながら治療を受けてない潜在患者が多数存在しています。
今回の総会で得たものを、参加された先生方が日常臨床に役立て、少しでも多くの患者さんを救っていただけたら幸いです。

内容:講演と会員による症例発表(フェイシャルマスクによるエアウェイの改善症例など)
日時:2013年2月10日(日)11日(月・祝)10時から17時
会場:飯田橋レインボウビル
参加費:歯科医師31500円 DH/DT 15750円 *どなたでも参加できます。
ゲストスピーカー:山本伊佐夫先生(神奈川歯科大学社会歯科学講座法医学分野講師)
「舌癒着症について」 1日目午後講演予定
~こどもの睡眠呼吸障害はこどもだけでなく母親へも大きなストレスを与えます~

*IAOは一般歯科医・矯正専門医・小児歯科医が最新の矯正知識を身につけるべくお互いに協力し合い作り上げた組織です。本部はミルウォーキーにあり、ADA(アメリカ歯科医師会)公認の組織です。