臨床例


この患者さんは口唇が開いていて口呼吸です。
上下顎とも発育不全で上下前歯部のスペース不足が顕著です。


まず上顎骨の劣成長の改善のためにMUH Applianceを使いました。
気道の拡大と舌の位置の改善が大きな目的です。


MUHの働きで上下の前歯が4本そろってきました。


ここで上下にU-Archを使います。


非抜歯で治療が完了しました。リテーナーとしてBimler装置を使いました。
治療終了後4年たっていますがかみ合わせは安定しています。


口元もこんなに美しくなりました。


始めと今では顔のバランスが大きく変わりました。
しっかりち口を閉じて鼻呼吸ができるようになりました。これで咬合も安定します。