Functional Orthodontic Seminar特別コースのご案内

機能矯正Basicコースに参加されている先生および終了された先生方およびE-Learningで勉強されている先生方を対象にしたコースです。

次回のスケジュールは未決定です

特別コースの目的

Basic Courseは診断からはじまり各種の機能矯正装置の使い方を順を追って解説していきます。 しかし、受講されている先生方の医院に来院される患者さんの症例はランダムであり、いきなりLip Bumperの適応であったり、Facial maskの適応であったりします。
そうした現状を踏まえて、矯正治療の臨床的な基本を簡潔にまとめた一日コースを行います。 他の矯正セミナーでは使用するバンドやチューブ、ブラケットが異なりますので、参加しても効率的に学ぶことができません。
そのため機能矯正に必要な基本をまとめたのが今回のコースです。
出席される個々の先生がご自分で担当する症例に合わせて、内容はフレキシブルに調整しますので、コースで学んだことはすぐに臨床に使えます。

コースで解説するコアの部分

1 バンドの取り扱い
2 チューブの取り扱い
3 スポット・ウェルダーの使い方
4 ブラケットの取り扱い
5 Lip Bumperの使い方
6 Facial Maskの使い方
7 コアキシャルワイヤーの使い方
8 ベータの使い方
9 016×016の使い方
10 リンガルボタンの使い方・クリートのつけ方
11 3Dリンガルアーチの使い方 他
その他
各先生の症例に必要な臨床的な対応と注意点 (患者さんの資料を持参していただき必要な処置を実際に学んでもらいます)

日程

(次回の開催は未定です)

セミナー申込書 (Wordファイル)