コンパクト・デジタル・セファロ・システム(CDCS)導入サービス

新型CDCSを紹介します

レントゲン撮影のデジタル化を実現。従来の装置(1.5m)サイズを半分の75cmに縮小。狭いレントゲン室での設置、利用を実現します。

新型CDCSの特徴

低価格により導入・設置が容易
装置の導入を容易にする低価格装置を開発(リースの利用も可)
レントゲン写真とデジタル写真を同時・同軸で撮影可能
治療の前提となる規格写真としての有効性を確保
咀嚼運動などの動画撮影も可能
幅広い各種治療のための有用性を確保
スーパーインポーズが可能
一体型CCDカメラを標準装備
患者さん撮影データをパソコンによる画像処理
患者さん撮影データをパソコンによる記録管理
患者さんの高い信頼を確保
矯正治療のリスク管理
セファロなしによる治療リスクの危険性を回避

CDCS注文書

頭部規格写真/レントゲン撮影システム 価格 (税別)
装置本体 (CDCS-X) 2,000,000円
IP用カセッテ (20.3×25.4) 60,000円
IPプレート6つ切り (2枚組) 120,000円
コンテナ設置据付費用 別途実費精算